首イボを治療するなら

痛みのないレーザー治療で首イボを退治しましょう!

投稿日:

首にポツポツとできるイボは気が付くとふえていたりしませんか?
この首のイボの原因にはウィルスによるものと、腫瘍によるものがあります。
首のいぼは腫瘍の場合が多く、30代以降に首の周りにポツポツと小さないぼがたくさんできた場合、それは主に老化によるものだと考えられています。

もちろん、一番大事なのは予防です。
ウィルス性のイボができないようにするには、皮膚のバリア機能を保つべく刺激は避けることが大事です。
老化によるイボができないようにするには、肌へのダメージを極力抑えるために、紫外線対策などをとりましょう。

しかし、できてしまっているイボはどうにかしたいです。
イボの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?
まずは、自宅でもできるように美容液を塗布する方法もあります。
しかし、これは時間もかかりますし、確実ではありません。
やはり、すぐに治すには医療機関での対応が必要です。
除去方法には、医療器具(はさみなど)による手術、液体窒素による凍結法、そして、レーザー治療になります。
このうち、レーザー治療は自由診療で保険が効きません。
当然、高額になります。
しかし、治療時間も短時間で、痛みもほとんどなく(表面麻酔します)、除去後がきれいになると評判です。
他の治療は保険適用ですが、痛みが伴います。
費用については、事前に医療機関で見積もりをもらってみて、納得できたら、レーザー治療がお勧めです。
治療の流れは、初診でイボの数などを確認してもらい、見積もりをもらいましょう。
見積もりに納得できれば、除去を行う日と予約してください。
当日は、麻酔クリームなどで表面麻酔をしてから、レーザーでの照射になります。
レーザーで焼いているで、最初は傷がありますので、医療機関で提供してもらえる軟膏などを塗布してください。
1週間から10日くらいで傷自体はきれいになりますが、ここではまだ赤みが残ります。
赤みは人によって回復する期間が異なりますが、最終的にはきれいになります。

首のイボは数が多いのでなるべく痛みが少なく、確実にとれるレーザー治療で治したいです。

-首イボを治療するなら

執筆者:

関連記事

no image

液体窒素で首イボを取る時って痛いのかな?

首のイボってなんとなく増えてしまいますよね。 これって老化現象で発生する”老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)”と言われるものが大半で、一般的には”老人性イボ”って言われています。 老人性というネーミン …